078-291-4618

診療時間 9:00~12:30 / 14:30~19:00

水曜日 9:00~12:30 / 土曜日 9:00~13:00

休診日 日曜日・祝祭日

よくあるご質問

よくあるご質問

患者様からよくいただく、歯の治療に関するご質問をまとめました。

歯の色が気になります。歯を白くすることはできますか?
はい。歯質、着色の状態をチェックさせて頂き、施術方法をご提案いたします。
気になる歯の色が何が原因か確認させて頂き、次のような歯を白くする方法をご提案いたします。
歯石や着色汚れをキレイにする「歯のクリーニング」や、歯を漂泊して白くする「ホワイトニング」。銀歯や透過性の少ないかぶせ物を自然な白さのかぶせ物へ変更する「審美歯科治療」などございます。
※詳細は、審美歯科ページホワイトニングページをご覧ください。
ホワイトニングと歯のクリーニングはセットですか?
はい。ホワイトニングの前に、歯のクリーニングは必須になります。
お口の中の状態をチェックすると共に、ホワイトニングの効果を上げるため、ホワイトニングの前に歯のクリーニングを行っております。
また当院のホワイトニングは、安全な薬品を使用し、ご自宅で行って頂く「ホームホワイトニング」をお勧めしております。
※詳細は、ホワイトニングページをご覧ください。
欠けた歯は元の状態に戻りますか?
いいえ。しかし、自然の歯に近い状態に治せます。
一度欠けてしまった歯は、残念ながら元の状態に戻すことはできません。しかし、審美歯科治療では、セラミックを用いたかぶせ物や詰め物で、自然の歯に近い状態に戻すことが可能です。
※詳細は、審美歯科ページをご覧ください。
歯の麻酔注射が苦手です。なるべく痛くない方法はありますか?
はい。無痛に近い状態で麻酔注射を行っています。
歯医者さんは「痛い」という印象をお持ちの方が多いと思います。
中でも「麻酔注射が痛い」という印象が強いかと思います。当院では、まず塗るだけで粘膜を麻痺することができる「表面麻酔薬」を塗り、注射の際の痛みを軽減します。
そして、ひと肌に温めた注射液を、一定の速度で注射できる「全自動麻酔器」を使用し、麻酔の段階からなるべく痛くない状態で治療を行います。
子供の歯が生え換わり始めました。注意する点はありますか?
「虫歯予防」と「歯の生え方」に注意してください。
乳歯から永久歯に歯が生え換わる時は、歯がグラグラしたり、歯茎がむずむずしたりして、お子様が歯に対して注目しているため、歯の大切さを覚えるチャンスと言えます。
虫歯予防として、ブラッシング方法を教えます。また永久歯の生え方によって歯並びが悪くなる場合もあるため、歯の生える方向に注目してください。
成長の早い段階で矯正治療を行うと、お子様の成長と共に歯並びを整えることができるため、お子様の歯についてご心配な方は、お気軽にご相談ください。
歯が痛くなくても見てもらえますか?
もちろん大丈夫です。定期的な検診をおすすめします。
食べる・飲む・呼吸をする・・・など、お口の中は毎日フル活動です。毎日乗る車に車検が必要なように、お口の健康を守るため、定期的な検診で状態をチェックすることは、非常に大切です。
歯が痛くなくても、痛みが出ない程の虫歯があったり、歯周病にかかっていたりする場合があるため、専門家のチェックが必要となります。
また、日常で付いたヤニや茶渋、歯垢や歯石などを定期的に落とすことで、歯の健康状態を保つことができます。まずはお口の健康チェックから、お気軽にご相談ください。

その他ご質問は、お気軽にお問合せください。

ページ上部へ戻る